現代普遍論争入門

デイヴィッド・M・アームストロング 著 ; 秋葉剛史 訳

古代ギリシャ以来の超難問、普遍の問題に現代哲学はどう迫るか?巨匠アームストロングが、問題の所在から丁寧に説き起こし、唯名論と実在論の古典的対立に鮮やかに切りこむ、その明快な論理と豊富な内容で、形而上学のおもしろさをふんだんに味わえる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題設定
  • 第2章 原始的かつ自然なクラス
  • 第3章 類似性唯名論
  • 第4章 普遍者の束としての個別者
  • 第5章 属性としての普遍者
  • 第6章 トロープ
  • 第7章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代普遍論争入門
著作者等 Armstrong, D. M.
Armstrong, David Malet
秋葉 剛史
アームストロング デイヴィッド・マレット
書名ヨミ ゲンダイ フヘン ロンソウ ニュウモン
書名別名 UNIVERSALS
シリーズ名 Great Works
現代哲学への招待 / 丹治信春 監修
出版元 春秋社
刊行年月 2013.10
ページ数 306,13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-32337-3
NCID BB13935473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22324562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想