無の本 : ゼロ、真空、宇宙の起源

ジョン・D・バロウ 著 ; 小野木明恵 訳

哲学者は無を理解しようとし、神秘家は無を思い描こうとし、科学者は無を作り出そうとし、天文学者は無のありかを突き止めようとした。さまざまな角度からの無の探求の歴史をはじめ、音楽や文学における無の表現も多彩に紹介しながら、「無」(nothing)を語り尽くす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 無の学問-どこにもないところへの飛翔
  • 1 ゼロ-すべての物語
  • 2 から騒ぎ
  • 3 無を構築する
  • 4 エーテルに向かう流れ
  • 5 いったい何がゼロに起こったのか?
  • 6 空っぽの宇宙
  • 7 決して空にならない箱
  • 8 真空は何個あるのか?
  • 9 真空の始まりと終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無の本 : ゼロ、真空、宇宙の起源
著作者等 Barrow, John D
小野木 明恵
バロウ ジョン・D.
書名ヨミ ム ノ ホン : ゼロ シンクウ ウチュウ ノ キゲン
書名別名 THE BOOK OF NOTHING
出版元 青土社
刊行年月 2013.10
ページ数 419,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6736-6
NCID BB13924295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22321888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想