京都 カフェと洋館アパートメントの銀色物語

川口葉子 著

京都のカフェめぐりと時を経たアパートメントが織りなす不思議な糸。カフェやコーヒーの魅力を伝える書籍を多数手がける人気の著者が、魅惑の京都のカフェの数々を、謎めいた洋館アパートメントを軸にして描き出す「カフェエッセイ」の新境地。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(コーヒーは「飲む音楽」-喫茶feカフェっさ
  • 美術館の屋上茶室-茶室古香庵(3階)/CAF'E CUBE(地階) ほか)
  • 夏(蛍の茶会
  • 北欧の椅子とトスカーナのテーブル-& noma CAFE ほか)
  • 秋(暮しが仕事仕事が暮し
  • 閉じこめられて ほか)
  • 冬、そして再び春へ(七〇年代の住人の話
  • カレー記念日-タカセガワブルースコーヒー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都 カフェと洋館アパートメントの銀色物語
著作者等 川口 葉子
書名ヨミ キョウト カフェ ト ヨウカン アパートメント ノ ギンイロ モノガタリ : キョウト カフェ エッセイ
書名別名 KYOTO CAFE ESSAY
出版元 東京書籍
刊行年月 2013.8
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-487-80655-3
NCID BB13916275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22293036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想