解放された観客

ジャック・ランシエール [著] ; 梶田裕 訳

スペクタクルの支配する今日の資本主義・民主主義社会で、主体としての「観客(スペクタトゥール)」はいかにして可能か?知や権力による分断を超えて、誰もが平等かつ能動的な解放者であるために、イメージへの批判的思考がもちうる可能性を問う。『無知な教師』の主題をさらに深化させた、芸術と政治、現実とフィクションをめぐる最も先鋭な思考。E.シャレフ=ゲルツ論「イメージの作業」特別増補版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解放された観客
  • 批判的思想の災難
  • 政治的芸術のパラドックス
  • 許しがたいイメージ
  • 物思いにふけるイメージ
  • 書誌
  • 補遺 イメージの作業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解放された観客
著作者等 Rancière, Jacques
梶田 裕
Ranci`ere Jacques
ランシエール ジャック
書名ヨミ カイホウ サレタ カンキャク
書名別名 LE SPECTATEUR ÉMANCIPÉ

Kaiho sareta kankyaku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 999
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.11
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00999-0
NCID BB13897771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22339679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想