人類はどこから来て、どこへ行くのか

エドワード・O・ウィルソン 著 ; 斉藤隆央 訳

大反響を呼んだ『社会生物学』の刊行から40年、生物学の巨人エドワード・O・ウィルソンが人類の来し方行く末を壮大に語る、総決算の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ高度な社会性をもつ生命が存在するのか?
  • 2 われわれはどこから来たのか?
  • 3 いかにして社会性昆虫は無脊椎動物の世界を支配するに至ったのか?
  • 4 社会進化の力
  • 5 われわれは何者か?
  • 6 われわれはどこへ行くのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類はどこから来て、どこへ行くのか
著作者等 Wilson, Edward O.
巌佐 庸
斉藤 隆央
ウィルソン エドワード・O.
書名ヨミ ジンルイ ワ ドコ カラ キテ ドコ エ イク ノカ
書名別名 THE SOCIAL CONQUEST OF EARTH
出版元 化学同人
刊行年月 2013.10
ページ数 373,27p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7598-1564-1
NCID BB13885160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22408596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想