柳田国男論

柄谷行人 著

長らく封印されてきた著者三十二歳時の長篇評論350枚、関連作を併せて初の単行本化!『マルクスその可能性の中心』と並行して執筆され、『日本近代文学の起源』に先駆する最重要論考。柳田国男の「方法」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 柳田国男論(一九八六年)
  • 柳田国男試論(一九七四年)
  • 柳田国男の神(一九七四年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男論
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ ヤナギタ クニオロン
書名別名 Yanagita kunioron
出版元 インスクリプト
刊行年月 2013.10
ページ数 289p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-900997-38-7
NCID BB1388272X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22323912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想