知的財産法の挑戦

同志社大学知的財産法研究会 編

知的財産法の重要テーマに果敢に挑む野心作。自由闊達な議論を交わすことをモットーとする当研究会が、その気風に満ちた論文を3周年記念として編んだ注目の書。知的財産法を研究することの面白さが伝わる刺激的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 知的財産法政策の再構築(Robert P.Mergesの知的財産法概念論の構造とその意義
  • 知的財産権と非経済分野の公共政策との調整をめぐる法的問題-タバコのプレイン・パッケージ規制を素材として
  • 競争政策と知的財産政策の協働の一側面-標準必須特許に基づく侵害訴訟とその制限
  • 現代美術と著作権法-インセンティブ論に関する一考察)
  • 第2部 日本の知的財産法の現在(等価理論(均等論)の現在-裁判官の所説を中心として
  • 特許権の取戻しと善意の第三者の保護
  • 冒認を中心とした無効理由の主張立証責任-特許無効に関する特許法の規範構造
  • 知的財産権の共有と損害賠償額の算定-1項と3項の関係を中心に
  • パブリシティ権再論-人格的要素の「私的所有」)
  • 第3部 国際的視野からの検討(欧州特許条約とフランス法における医療関連特許と生命倫理
  • インド特許法における強制実施制度-その変遷と現状
  • デジタルコンテンツの中古販売と消尽の原則-欧米の近時の動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的財産法の挑戦
著作者等 同志社大学知的財産法研究会
書名ヨミ チテキ ザイサンホウ ノ チョウセン
出版元 弘文堂
刊行年月 2013.11
ページ数 461p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-35574-5
NCID BB13873897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22322675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想