中国古代の楽制と国家 : 日本雅楽の源流

渡辺信一郎 著

[目次]

  • 第1部 響きの帝国-漢代の楽制と祭儀(古代中国の礼楽と巫覡-漢代礼容の儒学をてがかりに
  • 前漢「郊祀歌」十九章の祭祀空間と政治空間
  • 前漢時代の宗廟と楽制-「安世房中歌」十七章と承天のイデオロギー
  • 前漢末の楽制改革と民間音楽)
  • 第2部 天下大同の楽-隋の楽制改革とその帝国構造(楽制改革の歴史的前提-流亡する伶人
  • 北魏の雅楽改革-『魏書』楽志を中心に
  • 雅楽の制作と楽律の調整
  • 燕楽七部伎楽と四夷楽の編成
  • 北狄楽の編成-鼓吹楽の改革
  • 散楽と正月十五日の民間習俗-隋の楽制の民衆的基盤と帝国構造
  • 小結-隋の楽制改革とその諸結果)
  • 第3部 隋唐の楽制と日本雅楽の源流(隋の楽制改革と倭国
  • 雅楽が来た道-遣唐使と音楽
  • 平等院鳳凰堂の音楽-西涼楽始末)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国古代の楽制と国家 : 日本雅楽の源流
著作者等 渡辺 信一郎
書名ヨミ チュウゴク コダイ ノ ガクセイ ト コッカ : ニホン ガガク ノ ゲンリュウ
出版元 文理閣
刊行年月 2013.11
ページ数 395,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89259-718-3
NCID BB13866836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22343935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想