池田政権と高度成長期の日本外交

鈴木宏尚 著

「先進国の一員」に加わるための外交戦略とは?「所得倍増」「寛容と低姿勢」という言葉で語られてきた池田政権。高度経済成長の外交的帰結である「先進国クラブ」OECDへの加盟は、どのようにして達成されたのか?冷戦という状況を利用して、米国との関係を緊密化し、欧州にも外交的地平を広げていった池田外交の知られざる実像を描く、意欲作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 池田政権と高度成長期の日本外交
  • 第1章 安保闘争とその余波-池田政権成立前夜
  • 第2章 池田政権の外交課題-「自律陣営の一員」の確立
  • 第3章 対米関係の修復から緊密化へ-日米貿易経済合同委員会の設置を中心に
  • 第4章 欧州への接近-「経済関係の正常化」を求めて
  • 第5章 「先進国クラブ」への道程-OECD加盟の外交過程
  • 終章 池田外交の構図-経済成長、国内安定、国際的地位の向上

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 池田政権と高度成長期の日本外交
著作者等 鈴木 宏尚
書名ヨミ イケダ セイケン ト コウド セイチョウキ ノ ニホン ガイコウ
書名別名 Ikeda seiken to kodo seichoki no nihon gaiko
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2013.10
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2069-2
NCID BB13860636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22319297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想