ニュルンベルク裁判の通訳

フランチェスカ・ガイバ 著 ; 武田珂代子 訳

同時通訳が初めて本格的に行われた事例の歴史的意義を精確に論じる。通訳の仕組み、方法の議論、通訳者の履歴や人物など、通訳に主眼が置かれた唯一の研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 開廷前
  • 第2章 通訳システムの説明
  • 第3章 通訳の信頼性と裁判への影響
  • 第4章 法廷外での生活
  • 第5章 通訳者のプロフィール
  • エピローグ ニュルンベルク裁判後の通訳
  • 付録 裁判関係者/訴因、判決、量刑

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュルンベルク裁判の通訳
著作者等 Gaiba, Francesca
武田 珂代子
ガイバ フランチェスカ
書名ヨミ ニュルンベルク サイバン ノ ツウヤク
書名別名 THE ORIGINS OF SIMULTANEOUS INTERPRETATION
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.10
ページ数 236,19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07776-3
NCID BB13854746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22324434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想