古代ホメロス論集

プルタルコス, ヘラクレイトス [著] ; 内田次信 訳

ローマ帝政期に成立したと見られる、ギリシア語で著わされたホメロス論3篇。古来プルタルコスの名の下に伝わり、詩人の伝記的記述を中心とする『ホメロスについて1』、彼の叙事詩の修辞的技法や教育的価値を説く『ホメロスについて2』に加え、ストア派流の寓意(アレゴリー)的解釈を駆使して詩人の擁護を図る、文法・修辞学者ヘラクレイトスの『ホメロスの寓意』を収録する。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プルタルコス ホメロスについて1
  • プルタルコス ホメロスについて2(序部
  • 多様な表現法
  • 事物に関する広い知識
  • 他のジャンルの詩や絵画への影響
  • 結部)
  • ヘラクレイトス ホメロスの寓意(序部
  • 『イリアス』における寓意
  • 『オデュッセイア』における寓意
  • 結部)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ホメロス論集
著作者等 Heraclitus, of Ephesus
Herakleitos
Plutarch
Plutarchus
内田 次信
H'eraclite
Plutarchi
ヘラクレイトス
プルタルコス
書名ヨミ コダイ ホメロス ロンシュウ
書名別名 Kodai homerosu ronshu
シリーズ名 西洋古典叢書 / 内山勝利, 大戸千之, 中務哲郎, 南川高志, 中畑正志, 高橋宏幸 編集委員 G081
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.10
ページ数 420,19p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-87698-292-9
NCID BB13851001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22325015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ホメロスについて. 1 プルタルコス
ホメロスについて. 2 プルタルコス
ホメロスの寓意 ヘラクレイトス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想