医療ソーシャルワーカーの成長への道のり : 実践能力変容過程に関する質的研究

保正友子 著

[目次]

  • 第1章 研究の理論的枠組み(使用する概念の定義
  • ソーシャルワーカーの実践能力に関する先行研究 ほか)
  • 第2章 研究方法(研究対象
  • データ収集方法 ほか)
  • 第3章 事例にみる医療ソーシャルワーカーの実践能力変容過程(各人の実践能力変容過程とその特徴
  • 新人期・中堅期・ベテラン期にかけての変化 ほか)
  • 第4章 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチに基づく分析結果と考察(医療ソーシャルワーカーの各能力の変容および能力間の関連性を表すストーリーライン
  • 介入の安定化 ほか)
  • 第5章 結論(実践能力の関連性とはどのようなものか
  • 実践能力変容過程とはどのようなものか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療ソーシャルワーカーの成長への道のり : 実践能力変容過程に関する質的研究
著作者等 保正 友子
書名ヨミ イリョウ ソーシャル ワーカー ノ セイチョウ エノ ミチノリ : ジッセン ノウリョク ヘンヨウ カテイ ニ カンスル シツテキ ケンキュウ
書名別名 Iryo sosharu waka no seicho eno michinori
出版元 相川書房
刊行年月 2013.9
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7501-0381-5
NCID BB13845938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想