脳科学からみる子どもの心の育ち : 認知発達のルーツをさぐる

乾敏郎 著

見る・動く・話す・考えるなど、さまざまな認知機能が胎児から新生児、乳児、幼児の時期を経てどのように発達するのかを、そのルーツとなる脳のはたらきを分析することで解明する。さらに、発達障害といわれる人たちの脳のなかではどのようなことが起きているのか、最新の脳科学の研究に基づいて解説するなど、脳科学の基礎から最新の研究成果まで、すべてがわかる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 認知"発達"メカニズムへの道
  • 第1部 子どもの発達と脳のはたらき(視機能の発達-胎齢二四週〜生後七か月
  • 環境との能動的インタラクションの発達-胎児期〜生後四か月
  • 予測的な運動機能と自己意識-新生児〜生後八か月
  • like‐meシステムとdifferent‐from‐meシステム
  • 言葉の芽生え
  • 認知発達過程再考-第1部総括)
  • 第2部 特別講義-発達障害と脳科学の最前線(睡眠障害を深く考える
  • スモールワールドから考える
  • 感覚過敏と情報統合
  • 視覚認識と感情を作る機構
  • 自閉症の神経ネットワーク
  • 身体的自己と気質
  • 発達障害研究の現在-第2部総括)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳科学からみる子どもの心の育ち : 認知発達のルーツをさぐる
著作者等 乾 敏郎
書名ヨミ ノウカガク カラ ミル コドモ ノ ココロ ノ ソダチ : ニンチ ハッタツ ノ ルーツ オ サグル
書名別名 Nokagaku kara miru kodomo no kokoro no sodachi
シリーズ名 叢書・知を究める 1
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.10
ページ数 231,20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06778-7
NCID BB13829396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22321939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想