永久平和論  2

サン-ピエール 著 ; 本田裕志 訳

平和条約を締結し、国際紛争を回避しようとする「ヨーロッパ平和連合構想」-当時寄せられた様々な批判に逐一回答する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパに恒久平和をもたらすためのアンリ大王の計画(新たな反対論の集成
  • 永続的統治組織と常設仲裁裁判所の条約に調印することについての、各国の君主ないし首脳の個別的利益関係(基本条項
  • 相互間に一つの永続的統治組織を設立することについての、諸国の君主・首脳たちの利益関係
  • ヨーロッパに全般的統治組織、常設仲裁裁判所、キリスト教諸国の君主・首脳たち同士の相互庇護を設立するためのアンリ大王の大計画に関する、シュリー公の回想録からの抜萃
  • 一六三六年にパリのリシェ書店から刊行された、フランス王のヴェネチア大使フレヌ・カネーイ氏の交渉の抜粋))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永久平和論
著作者等 Saint-Pierre, Charles Irénée Castel de
本田 裕志
サン‐ピエール
書名ヨミ エイキュウ ヘイワロン
書名別名 Projet pour rendre la paix perpétuelle en Europe

Eikyu heiwaron
シリーズ名 近代社会思想コレクション / 大津真作, 奥田敬, 田中秀夫, 中山智香子, 八木紀一郎, 山脇直司 編 11
巻冊次 2
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2013.12
ページ数 462p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87698-370-4
NCID BB13820904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22346549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想