知覚と行為の認知言語学 : 「私」は自分の外にある

本多啓 著

この本は、生態心理学の観点から日常の言語表現の意味を見直すことでどのような展望が開けるかを見ていきます。言葉について、言語学にとどまらない幅広い知見を踏まえて考えていきます。人間が周りの世界をどのように経験しているか、それが言語にどのように現れているかを見ていくことで、世界が自分や言葉とどうつながっているかが広がりをもって見えてくる喜びを味わってください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 視点とことば(1)-どこから見てるのか
  • 「歩道がせまくなります通行に注意してください」
  • 「いつまで若手のつもりでいるのですか?」
  • 「死後も世界は存在します」
  • 生態心理学の言語観
  • 「アジア」とAsiaのあいだ-見えない自分たち、見える人たち
  • 「私」の正体-「私」は自分の外にある
  • 富士山とビールと私
  • 視点とことば(2)-どこを見ているのか、どこを見せているのか
  • ある物質の話〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知覚と行為の認知言語学 : 「私」は自分の外にある
著作者等 本多 啓
書名ヨミ チカク ト コウイ ノ ニンチ ゲンゴガク : ワタクシ ワ ジブン ノ ソト ニ アル
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 41
出版元 開拓社
刊行年月 2013.10
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2541-9
NCID BB1378897X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22317263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想