複素関数論  2

藤原毅夫 著

[目次]

  • 1 複素積分特論
  • 2 解析接続とRiemann面
  • 3 有理型関数
  • 4 楕円積分と楕円関数
  • 5 複素変数の常微分方程式
  • 6 直交多項式
  • 7 超幾何関数で書かれる諸関数
  • 8 合流型超幾何関数で書かれる諸関数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複素関数論
著作者等 東京大学工学教程編纂委員会
藤原 毅夫
書名ヨミ フクソ カンスウロン
書名別名 Complex Function Theory

Fukuso kansuron
シリーズ名 基礎系数学
東京大学工学教程 / 東京大学工学教程編纂委員会 編
巻冊次 2
出版元 丸善
刊行年月 2014.12
ページ数 144p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08903-3
NCID BB13766784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22515645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想