炭水化物が人類を滅ぼす : 糖質制限からみた生命の科学

夏井睦 著

自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 やってみてわかった糖質制限の威力
  • 2 糖質制限の基礎知識
  • 3 糖質制限にかかわるさまざまな問題
  • 4 糖質セイゲニスト、かく語りき
  • 5 糖質制限すると見えてくるもの
  • 6 浮かび上がる「食物のカロリー数」をめぐる諸問題
  • 7 ブドウ糖から見えてくる生命体の進化と諸相
  • 8 糖質から見た農耕の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 炭水化物が人類を滅ぼす : 糖質制限からみた生命の科学
著作者等 夏井 睦
書名ヨミ タンスイカブツ ガ ジンルイ オ ホロボス : トウシツ セイゲン カラ ミタ セイメイ ノ カガク
書名別名 Tansuikabutsu ga jinrui o horobosu
シリーズ名 光文社新書 663
出版元 光文社
刊行年月 2013.10
ページ数 339p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03766-6
NCID BB13742345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22317668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想