複数的人間 : 行為のさまざまな原動力

ベルナール・ライール 著 ; 鈴木智之 訳

ブルデューのハビトゥス理論を批判し、複数の異質な文脈を横断しながら、個人が身体化した性向の体系の多元性と、行為の展開される文脈の多元性とをかけあわせつつ実践の産出の論理を探求する。「個人」を主題化する新しい社会学へ-その展開の可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1幕 複数的行為者の理論の素描(複数的行為者
  • 行為のさまざまな原動力
  • 類推と転移)
  • 第2幕 再帰性と行為の論理(学校・行為・言語
  • 日常生活の中の書きとめるという行為
  • 行為の論理の複数性)
  • 第3幕 身体化の諸形式(言葉の位置
  • 何が身体化されるのか?)
  • 第4幕 作業現場と議論(心理学的社会学
  • 適合性の場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複数的人間 : 行為のさまざまな原動力
著作者等 Lahire, Bernard
鈴木 智之
ライール ベルナール
書名ヨミ フクスウテキ ニンゲン : コウイ ノ サマザマ ナ ゲンドウリョク
書名別名 L'HOMME PLURIEL
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 998
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.10
ページ数 373,74p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00998-3
NCID BB1373224X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22339648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想