遺跡をさぐり、しらべ、いかす : 奈文研60年の軌跡と展望 : 奈良文化財研究所創立60周年記念講演

国立文化財機構奈良文化財研究所 編

飛鳥・藤原宮跡、平城宮跡の発掘に端を発し、常に考古学調査の最先端を切り拓いてきた奈文研創設60周年を記念し、その成果と展望をまとめて紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発掘が塗りかえる古代史-都城の発掘調査六〇年
  • 古寺社の古文書が語りだす歴史-南都の古文書調査から
  • 掘らずに土の中をみる-遺跡探査の応用と成果
  • 文化遺産を守り伝える科学技術-伝統の技と科学の力
  • 遺跡を現在に活かし、未来に伝える-平城宮跡の保存と整備
  • 海外の遺跡をまもる-国際協力としての文化遺産保護
  • 写真で見る奈文研の六〇年史-奈文研六〇年の軌跡と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺跡をさぐり、しらべ、いかす : 奈文研60年の軌跡と展望 : 奈良文化財研究所創立60周年記念講演
著作者等 国立文化財機構奈良文化財研究所
奈良文化財研究所
文化財研究所奈良文化財研究所
書名ヨミ イセキ オ サグリ 、 シラベ 、 イカス : ナブンケン 60ネン ノ キセキ ト テンボウ : ナラ ブンカザイ ケンキュウジョ ソウリツ 60シュウネン キネン コウエン
書名別名 Iseki o saguri 、 shirabe 、 ikasu
出版元 クバプロ
刊行年月 2013.9
ページ数 179p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87805-131-9
NCID BB13729245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22309021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想