名作のなかの女たち : 対談紀行

瀬戸内寂聴, 前田愛 著

『たけくらべ』から『京まんだら』へ。十二篇の小説の舞台になった土地を訪ね、それぞれの場所にたたみこまれている記憶を掘り起こし、作品の魅力を縦横に鑑賞しあう。登場する女と男の多彩な関係、女性心理の微妙なあやを手がかりに名作の隠された襞を読み解いていく。小説家と文学研究者の視点、女と男の感性の違いが絶妙に響き合う。談論風発の長篇対談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『たけくらべ』と樋口一葉
  • 『細雪』と谷崎潤一郎
  • 『雁』と森鴎外
  • 『草枕』と夏目漱石
  • 『斜陽』と太宰治
  • 『放浪記』と林芙美子
  • 『〓(ぼく)東綺譚』と永井荷風
  • 『義血侠血-滝の白糸』と泉鏡花
  • 『武蔵野夫人』と大岡昇平
  • 『夫婦善哉』と織田作之助
  • 『雪国』と川端康成
  • 『京まんだら』と瀬戸内寂聴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名作のなかの女たち : 対談紀行
著作者等 前田 愛
瀬戸内 寂聴
瀬戸内 晴美
書名ヨミ メイサク ノ ナカ ノ オンナタチ : タイダン キコウ
シリーズ名 文芸 228
岩波現代文庫 228
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.10
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602228-0
NCID BB1371779X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22326834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想