井上勝 : 職掌は唯クロカネの道作に候

老川慶喜 著

井上勝(一八四三〜一九一〇)明治期の鉄道専門官僚。幕末の一八六三(文久三)年、英国ロンドンに密航留学し「採長補短」の精神で西欧の近代技術を学び、明治維新直後に帰国、鉄道専門官僚となって近代日本の鉄道システムをつくり上げた井上勝。本書では、その生涯を鉄道の発展と重ね合わせながら実証的にたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 洋学への傾倒と英国留学
  • 第2章 鉄道の創始と鉄道技術の自立
  • 第3章 東西両京間鉄道の敷設をめざして
  • 第4章 私鉄の勃興と東海道線の全通
  • 第5章 日本鉄道の東北延伸と小岩井農場
  • 第6章 鉄道の拡張と鉄道敷設法
  • 第7章 汽車製造会社の設立と経営
  • 第8章 帝国鉄道協会での諸活動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井上勝 : 職掌は唯クロカネの道作に候
著作者等 老川 慶喜
書名ヨミ イノウエ マサル : ショクショウ ワ タダ クロカネ ノ ドウサク ニ ソウロウ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.10
ページ数 322,16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06697-1
NCID BB13708686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22311164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想