山名宗全と細川勝元

小川信 著

中盤戦の打込みで一挙に勢力を張る山名宗全と確実な布石で大模様をねらう細川勝元。対照的な両雄が対決した日本史上最大の内戦=応仁の乱を、将軍足利義政とその近臣、東西両軍の武将たちの人物像を交えて描いた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 細川家と山名家
  • 山名持豊(宗全)の前半生
  • 勝元の登場および宗全との対立
  • 分国の情勢
  • 諸大名の分争
  • 戦雲迫る
  • 東西両軍の激闘
  • 長期戦の様相
  • 両将の死とその後の両家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山名宗全と細川勝元
著作者等 小川 信
書名ヨミ ヤマナ ソウゼン ト ホソカワ カツモト
書名別名 Yamana sozen to hosokawa katsumoto
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.11
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06399-9
NCID BB13706727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22315185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想