東方学論集 : 川勝守・賢亮博士古稀記念

川勝博士記念論集刊行会 編

[目次]

  • 関野貞の亀趺研究に関する補遺
  • 田斉の軍事と外交-戦国中期
  • 前漢初期の諸侯王国と父老・豪傑層
  • 前漢武帝期政治制度史序説
  • 前漢後半期における諸侯王国の性格について
  • 漢代「身分標識」の事例について
  • 墓中の宴飲と出遊-人物埴輪・俑・壁画の主題比較
  • 寇謙之研究の一側面
  • 魏晋南北朝の正統についての試論-南北の漢胡関係・認識・史書編纂を考える
  • 五胡・北朝期における服飾の「多文化性」-河西・朝陽の両地区を中心に〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東方学論集 : 川勝守・賢亮博士古稀記念
著作者等 川勝博士記念論集刊行会
書名ヨミ トウホウガク ロンシュウ : カワカツ マモル ケンリョウ ハクシ コキ キネン
出版元 汲古書院
刊行年月 2013.10
ページ数 1052p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7629-6511-1
NCID BB13701938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22324154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 中国語
日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『金剛科儀』の成立について 浅井紀
中唐理財家的悲劇啓示 張鄰
中国史研究における「少数民族」の理解をめぐって 川本芳昭
乾隆十一年湖北小制銭考 黨武彦
五胡・北朝期における服飾の「多文化性」 小林聡
備中州降倭十郎衛門 久芳崇
元代首領官の分類に関する一考察 片桐尚
前漢初期の諸侯王国と父老・豪傑層 紙屋正和
前漢後半期における諸侯王国の性格について 秋川光彦
前漢武帝期政治制度史序説 冨田健之
南朝における「名家」の保存と継承 野田俊昭
国民政府期の警察講習所留学生 宗村高満
墓中の宴飲と出遊 塚田良道
大正大学附属図書館所蔵『真言宗付法血脈』紹介と翻刻 苫米地誠一
天台僧南光坊天海の自筆書状について 宇高良哲
宋金間における銀の使用状況について 市丸智子
寇謙之研究の一側面 春本秀雄
新義真言宗護持院僧録の色衣着用認可をめぐって 坂本正仁
日軍武力佔領臺灣期間的米糧與馬糧〈1895~1905〉 朱徳蘭
明代後半の南直・浙江における府県別進士合格者数の推移 和田正広
明代抽分竹木廠の人的組織について 滝野正二郎
明倭寇の乱における寺院の境遇及びその社会救済 陳玉女
朝鮮人所寫最早的日本紀行 羅麗馨
東アジア古代の鳥獣文様 井口喜晴
永楽政権・南京錦衣衛・「下西洋」 川越泰博
法隆寺献納宝物鵲尾形柄香炉の製作地・製作年代の再検討 加島勝
清代における日本人の江南見聞 劉序楓
清代乾隆期の江南における救荒と食糧流通政策 則松彰文
清代台湾倉儲の一考察 高銘鈴
清代巴県の炭鉱経営をめぐる諸問題 宮嵜洋一
清朝康熙時代の朝廷決議と奏摺政治の創始について 内田直文
漢代「身分標識」の事例について 椎名一雄
田斉の軍事と外交 小林伸二
白朗と作家戦地訪問団の人々 平石淑子
菩提寺虚空蔵菩薩像版木と醍醐寺木造聖観音立像 副島弘道
蛇梁倭変と対馬 佐伯弘次
関野貞の亀跌研究に関する補遺 平勢隆郎
韓中日の多宝塔の比較を通して見た韓国多宝塔の特色 金勝一
魏晋南北朝の正統についての試論 大久保秀造
黄遵憲の日本史 佐々木揚
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想