科学と宗教

Thomas Dixon 著 ; 中村圭志 訳

「科学と宗教」関係の議論の定番のテーマは、とくにガリレオ・ガリレイとチャールズ・ダーウィンに対する理解の変遷、奇跡や自然の法則や科学的知識に関する哲学的議論、量子力学から神経科学までの近代科学の有する宗教的・道徳的な含意をめぐる議論であり、この分野を論じる者はしばしば熱く論争的になる。本書では、そうした信念の起源と機能を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学と宗教の論争-何が問題なのか?
  • 2 ガリレオと科学の哲学
  • 3 神は自然に働きかけるか?
  • 4 ダーウィンと進化
  • 5 「創造論」と「インテリジェント・デザイン」
  • 6 精神と道徳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学と宗教
著作者等 Dixon, Thomas
Dixon, Thomas M
中村 圭志
Dixon Thomas
ディクソン トマス
書名ヨミ カガク ト シュウキョウ
書名別名 Science and Religion
シリーズ名 サイエンス・パレット 008
出版元 丸善
刊行年月 2013.9
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-621-08708-4
NCID BB13693465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22315002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想