社史で見る日本経済史  第64巻 (松屋発展史)

末田 智樹【解説】

古屋家が明治二年横浜に鶴屋呉服店を開いてから銀座の王者株式会社松屋を築き上げる迄の七十年間、初代二代の古屋徳兵衞氏を中心とした同店経営の根幹をなす人々の功績と其経営の苦心の蹟。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 発展史(松屋の発祥
  • 亀の橋時代 ほか)
  • 第2編 現幹部の方針と其陣容(松屋の歩みつゝある道
  • 販売課の奉仕精神 ほか)
  • 第3編 松屋幹部の展望(重役
  • 営業部 ほか)
  • 第4編 建築概要及其他設備(銀座本店概要
  • 横浜支店概要 ほか)
  • 第5編 店外より見たる松屋(百貨店の発展過程と松屋の成功
  • 呉服仕入部の長所 ほか)
  • 第6編 文芸人及スポーツ団体と人(短歌を語る-短歌「光」「栴檀」
  • 俳句趣味に就て ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社史で見る日本経済史
著作者等 末田 智樹
デパスト社
關 宗二郎
書名ヨミ シャシ デ ミル ニホン ケイザイシ
書名別名 Shashi de miru nihon keizaishi
巻冊次 第64巻 (松屋発展史)
出版元 ゆまに書房
刊行年月 2013.9
ページ数 164, 28p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8433-4336-4
NCID BB13680099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22308287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想