概念芸術の地平 = The horizon of concept-art : 『哲学する日本』を読む&河北秀也デザインの解読 : 2011・3・11以後の芸術哲学のエチュード : デザイン本質論

楠元恭治 著

芸術・アートと哲学とを根元からとらえなおすコンセプト・アートを開く可能性を、吉本思想を零規準にして、著者は3.11以降格闘し探究して来た、その固有の体系化へのエチュードである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 非分離1 予備的考察-精確90度
  • 非分離2 季節の無意識と理性の初春-草原の野武士たち
  • 非分野3 ことばを歩く-がんばろう日本/やっと会えたな
  • 非分離4 ことばを歩く=2-イリイチ/日本近世思想家
  • 場所1 季節の襞(ひだ)と皺(しわ)-幻想/権力/国家
  • 非自己1 非自己の視線/浸透と緊張-映画の粒子/野生の波形
  • 非自己2 反マテシスの映画と非タクシノミアの現代芸術-ゴダール/デュシャン
  • 場所2 場所という作者/斜影と映像-村上春樹/河北秀也
  • 非分離5 未来デザインの哲学へ-河北=デザイン/山本=哲学
  • 非分離6 模写と反復-考えるギリシア西欧/思うアジア日本〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概念芸術の地平 = The horizon of concept-art : 『哲学する日本』を読む&河北秀也デザインの解読 : 2011・3・11以後の芸術哲学のエチュード : デザイン本質論
著作者等 楠元 恭治
書名ヨミ ガイネン ゲイジュツ ノ チヘイ = The horizon of concept-art : 『 テツガクスル ニホン 』 オ ヨム&カワキタ ヒデヤ デザイン ノ カイドク : 2011 ・ 3 ・ 11 イゴ ノ ゲイジュツ テツガク ノ エチュード : デザイン ホンシツロン
書名別名 The horizon of concept-art
出版元 文化科学高等研究院出版局
刊行年月 2013.9
ページ数 710, 14p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-938710-84-2
NCID BB13672319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22312007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想