歴史をつかむ技法

山本博文 著

私たちに欠けているのは、受験などで必要とされた細かな「歴史知識」ではなく、それを活かす「技法」だ。歴史用語の扱い方から歴史学の変遷まで、「歴史的思考力」を磨きあげるための一冊。そもそも「幕府」とは何か?「天皇」の力の源泉とは?歴史小説と歴史学との違いとは?第一線の歴史研究者が、歴史をつかむための入口を最新の研究成果を踏まえて説く。高校生から社会人まで、教養を求めるすべての人へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歴史を学んだ実感がない?
  • 第1章 歴史のとらえ方
  • 第2章 歴史の法則と時代区分
  • 第3章 日本史を動かした「血筋」
  • 第4章 日本の変貌と三つの武家政権
  • 終章 歴史はどう考えられてきたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史をつかむ技法
著作者等 山本 博文
書名ヨミ レキシ オ ツカム ギホウ
書名別名 Rekishi o tsukamu giho
シリーズ名 新潮新書 541
出版元 新潮社
刊行年月 2013.10
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610541-8
NCID BB1367003X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想