日本人には二種類いる : 1960年の断層

岩村暢子 著

日本人には二種類いる-長年、食卓を中心に日本人の家族を見つめ続けてきた著者が到達したのが、この結論だった。一九六〇年を境に、日本人の生育環境は一変。この年以降に生まれた「'60年型」はみな"新型の日本人"なのである。「個」と「家族」、人との関係性を変えてしまった「一九六〇年の断層」を35の視点から炙り出す。従来の世代論とは一線を画す、まったく新しい刺激的な日本人論の誕生!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 産院生まれの子供たち
  • 1960年生まれから親が違う
  • 「お母さん」は戦後新教育世代
  • 民主主義家庭を指向する「お母さん」
  • 憧れの住まいが家族を変える
  • 育児用品いっぱい、赤ちゃん中心家庭
  • 少なく産んで大事に育てる
  • 次々買って、みんな中流
  • 家庭教育を期待される「お母さん」
  • おばあちゃんの経験より「育児書」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人には二種類いる : 1960年の断層
著作者等 岩村 暢子
書名ヨミ ニホンジン ニワ ニシュルイ イル : センキュウヒャクロクジュウネン ノ ダンソウ
シリーズ名 新潮新書 540
出版元 新潮社
刊行年月 2013.10
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610540-1
NCID BB13669959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想