経済学の3つの基本 : 経済成長、バブル、競争

根井雅弘 著

経済学の考え方はひとつではない。これまでにさまざまな学説が生まれ、対立し合ってきた。「経済成長」「バブル」「競争」の三つの基本テーマで戦後経済をふり返りながら、経済思想の多様性を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済成長への夢(経済成長と豊かさ
  • ケインズ経済学の考え方
  • 所得倍増計画 ほか)
  • 第2章 バブルの宴のあと(わが国のバブル経済の特徴
  • ガルブレイスの警告
  • フィッシャーとミンスキー ほか)
  • 第3章 競争とは何か(完全競争
  • 近代経済学者の意見書
  • 「イノベーションの促進」までは言えない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の3つの基本 : 経済成長、バブル、競争
著作者等 根井 雅弘
書名ヨミ ケイザイガク ノ ミッツ ノ キホン : ケイザイ セイチョウ バブル キョウソウ
書名別名 Keizaigaku no mittsu no kihon
シリーズ名 ちくまプリマー新書 203
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.10
ページ数 109p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68905-4
NCID BB13667636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22355253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想