文明と教養の〈政治〉 : 近代デモクラシー以前の政治思想

木村俊道 著

宮廷社会や文明社会を舞台としたヨーロッパの初期近代では、一九世紀以降とは異なる、人文主義的な政治が展開されていた。そこでは、マナーや教養、レトリック、シヴィリティが重要視された。しかしフランス革命と産業化を迎えてのち、デモクラシーの浸透とともに、人文主義的な政治マナーは衰退してしまう。アダム・スミス、ベイコン、ヒューム、ハーバーマスなどの論考を参照し、実践知の政治学に光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 政治における教養と技術(デモクラシーの歴史?
  • 可能性の技術
  • 政治と教養)
  • 第2章 実践知の政治学(人文主義の伝統
  • レトリック
  • 思慮)
  • 第3章 文明の作法(デモクラシー以前の教養と作法
  • 宮廷という舞台
  • シヴィリティ
  • 文明社会)
  • 第4章 失われた政治学(チェスターフィールドという「型」
  • 文明の転位
  • 近代における政治と作法
  • 政治における「型」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明と教養の〈政治〉 : 近代デモクラシー以前の政治思想
著作者等 木村 俊道
書名ヨミ ブンメイ ト キヨウョウ ノ セイジ : キンダイ デモクラシー イゼン ノ セイジ シソウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 561
出版元 講談社
刊行年月 2013.10
ページ数 257p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258564-4
NCID BB13657326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想