「福音書」解読 : 「復活」物語の言語学

溝田悟士 著

イエスの逮捕時に逃亡した若者。墓でイエスの復活を告げる若者。同一人物なのか?そして、その「若者」の正体とは?最古のマルコ福音書と、マタイ、ルカ福音書との記述の違いを手がかりに、福音書の構造を鮮やかに解き明かす一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最初に書かれた福音書
  • 第2章 逃亡する「若者」は誰だといわれてきたか
  • 第3章 「筆者マルコ説」の台頭
  • 第4章 『秘伝のマルコ福音書』の発見
  • 第5章 逃亡する「若者」と墓の「若者」は同じ人物か
  • 第6章 テクストとしてのマルコ福音書
  • 第7章 マルコ福音書の文学構造
  • 第8章 削除された「若者」-マタイ福音書とルカ福音書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「福音書」解読 : 「復活」物語の言語学
著作者等 溝田 悟士
書名ヨミ フクインショ カイドク : フッカツ モノガタリ ノ ゲンゴガク
書名別名 Fukuinsho kaidoku
シリーズ名 講談社選書メチエ 560
出版元 講談社
刊行年月 2013.10
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258563-7
NCID BB13656924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22320657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想