ヒッグス = Higgs Boson : 宇宙の最果ての粒子

ショーン・キャロル 著 ; 谷本真幸 訳

ヒッグス粒子、それは宇宙・生命の存在の謎を解き明かす「巨大なパズル」の最後の1ピース。フィナンシャル・タイムズの「ベストブックスオブ2012」にも輝いた、世界でもっとも広く読まれる「ヒッグス粒子」の科学者。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 素粒子を探求する理由
  • 敬神に次ぐ
  • 原子と素粒子
  • 加速器の発展
  • 史上最大の装置
  • 粒子をぶつけて何が分かるか?
  • 波の中の粒子
  • 壊れた鏡に映して見た世界
  • 割れんばかりの拍手と喝采
  • 世界を駆け巡る
  • ノーベル賞の夢
  • この地平線を越えて
  • 守る価値のある社会を作る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒッグス = Higgs Boson : 宇宙の最果ての粒子
著作者等 Carroll, Sean M.
谷本 真幸
Carroll Sean
キャロル ショーン
書名ヨミ ヒッグス : ウチュウ ノ サイハテ ノ リュウシ
書名別名 The Particle at the End of the Universe

Higgs Boson

Higgusu
出版元 講談社
刊行年月 2013.10
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-218607-0
NCID BB13654113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22313554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想