暦と時間の歴史

Leofranc Holford-Strevens 著 ; 正宗聡 訳

1年は365日、1週間は7日、1日は24時間…身近な「時」の刻み方はどうやって決められていったのか。そういえば知らない暦の成り立ちを、西洋史を交えながら紹介。ユダヤ歴、イスラム歴やヒンドゥー歴など世界の名だたる暦の数え方も説明する。太陰暦・太陽暦の数え方は規則的だが、現実とのずれの修正はさまざまで、地元文化、宗教、国々との対立などさまざまなドラマを生み出していた。ギリシャ時代から近現代までにわたる暦の移りかわりも解説する類書のない一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日
  • 2 月と年
  • 3 近代の暦の前史と歴史
  • 4 復活祭
  • 5 週と季節
  • 6 その他の暦
  • 7 年を記すこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暦と時間の歴史
著作者等 Holford-Strevens, Leofranc
正宗 聡
Holford‐Strevens Leofranc
ホルフォード‐ストレブンズ リオフランク
書名ヨミ コヨミ ト ジカン ノ レキシ
書名別名 The History of Time
シリーズ名 サイエンス・パレット 009
出版元 丸善
刊行年月 2013.9
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-621-08709-1
NCID BB13645360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22315000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想