哲学者が走る

マーク・ローランズ 著 ; 今泉みね子 訳

すべてのランニングファンたちに捧げる。何のために走るのか。人生では何が大事で価値があるのか。走りのハートビートがささやく…忘れていたかつての私が蘇る…ベストセラー『哲学者とオオカミ』に続く第2弾!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 スタートライン 二〇一一
  • 2 ストーン・マウンテン 一九七六
  • 3 走るために生まれる 一九九九
  • 4 アメリカ人の夢 二〇〇七
  • 5 エデンの園のヘビ 二〇〇九
  • 6 ラ・ディーグ 二〇一〇
  • 7 自由の境界地 二〇一一
  • 8 神々、哲学者、競技選手 二〇一一

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学者が走る
著作者等 Rowlands, Mark
今泉 みね子
ローランズ マーク
書名ヨミ テツガクシャ ガ ハシル : ジンセイ ノ イミ ニ ツイテ ランニング ガ オシエテ クレタ コト
書名別名 RUNNING WITH THE PACK

人生の意味についてランニングが教えてくれたこと

Tetsugakusha ga hashiru
出版元 白水社
刊行年月 2013.9
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08321-5
NCID BB1364314X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22303693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想