マラルメと音楽 : 絶対音楽から象徴主義へ

黒木朋興 著

象徴主義を代表する詩人マラルメ、その韜晦な詩句は"音楽"といかなる関係をとり結んでいたのか?ヴァーグナーを介した"絶対音楽"との影響から、ハンスリックら当時の音楽学者の理論を丹念に洗いなおすことにより、詩人と"音楽"の関係を刷新する意欲的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 音楽の不在?
  • 第1部 マラルメの危機と大衆(六〇年代の危機
  • 内部と外部 ほか)
  • 第2部 「絶対音楽」について(ヴァーグナーの「絶対音楽」への親近性
  • ハンスリックにおける「絶対音楽」の概念 ほか)
  • 第3部 マラルメにおける「詩句の音楽」(マラルメにおけるヴィオールのアレゴリー-『聖女』を中心に
  • マンドールのアレゴリー-『レースは消えて…Une dentelle s'abolit…』 ほか)
  • 第4部 マラルメにおける「絶対音楽」(マラルメと絶対音楽
  • "バレエ"と"音楽" ほか)
  • 結 音楽から詩へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マラルメと音楽 : 絶対音楽から象徴主義へ
著作者等 黒木 朋興
書名ヨミ マラルメ ト オンガク : ゼッタイ オンガク カラ ショウチョウ シュギ エ
出版元 水声社
刊行年月 2013.10
ページ数 495p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89176-981-9
NCID BB13624156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22306382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想