八木秀次

沢井実 著

テレビ受像用として知られる「八木・宇田アンテナ」を発明した電気通信工学者。海外で高い評価を博した指向性アンテナ技術が、太平洋戦争で敵国兵器に利用されたため、戦時には科学技術を動員する中核的立場におかれる。戦後は、教育者・国会議員として幅広く活躍。明治以来の国家的課題「後発工業国日本の近代化」に挑んだ一科学技術者の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 大学卒業まで
  • 第2 仙台高等工業学校時代と留学経験
  • 第3 東北帝国大学工学部時代
  • 第4 大阪帝国大学理学部時代
  • 第5 科学技術動員と八木秀次
  • 第6 戦後の八木秀次

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八木秀次
著作者等 沢井 実
書名ヨミ ヤギ ヒデツグ
シリーズ名 人物叢書 新装版 / 日本歴史学会 編集 通巻275
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.10
版表示 新装版
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05268-9
NCID BB13593835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22312528
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想