地図で読み解く日本の戦争

竹内正浩 著

日常に欠かせない便利な「地図」と、軍事との密接な関係、血塗られた歴史を想像するのは難しい。だが、地図情報は誕生以来つねに国家権力が独占し、戦争と不可分のものだった。地図が戦争の勝敗をわけるし、その作成のためには密かに敵国に潜入、秘密測量するなど、まさに命懸けの作業が必要である。じっさい、大戦時の日米両軍の地図は精度に天地の差があったし、これまで幾人もの測量員が殉職している。地図には、国のありようが、はっきりと現れるのだ。日本史の転換点を地図にさぐり、歴史に埋もれた残酷なエピソードを発掘する!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地図と世界観
  • 第2章 軍事と地図情報
  • 第3章 外邦図と日清戦争
  • 第4章 日露戦争と測量
  • 第5章 シベリア出兵と大正期の地図
  • 第6章 地図と情報戦
  • 第7章 「大東亜戦争」と地図
  • 第8章 自衛隊の地図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地図で読み解く日本の戦争
著作者等 竹内 正浩
書名ヨミ チズ デ ヨミトク ニホン ノ センソウ
書名別名 Chizu de yomitoku nihon no senso
シリーズ名 ちくま新書 1036
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.10
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06738-8
NCID BB13587366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22357632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想