原子力をめぐる「日米協力」の形成と定着

李炫雄 著

[目次]

  • 第1章 冷戦戦略としての「平和のための原子力」(原子力国際管理案
  • 「大衆啓蒙作戦(Operation Candor)」 ほか)
  • 第2章 アメリカ主導の原子力協力をめぐる国際政治の原点(原子力研究協定文の原型
  • AECの雛形協定文に対する各国の反応 ほか)
  • 第3章 日米原子力協力の発端-1955年の「日米原子力研究協定」の成立(アメリカからの濃縮ウラン供与の提案
  • 雛形協定文第9条をめぐる国内の反響 ほか)
  • 第4章 「日米原子力研究協定」に基づく細目協定の締結-濃縮ウランの賃貸借をめぐる日米交渉(免責条項
  • インスペクション条項 ほか)
  • 第5章 日米原子力協力の定着-1958年の「日米原子力一般協定」の成立(原子力研究協定改訂のための日米交渉
  • 雛形一般協定文 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力をめぐる「日米協力」の形成と定着
著作者等 李 炫雄
李 〓雄
書名ヨミ ゲンシリョク オ メグル ニチベイ キョウリョク ノ ケイセイ ト テイチャク : センキュウヒャクゴジュウサン センキュウヒャクゴジュウハチ
書名別名 1953-1958
出版元 龍溪書舎
刊行年月 2013.8
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8447-5565-4
NCID BB13582748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22302322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想