昭和戦時期の海軍と政治

手嶋泰伸 著

軍部が国策決定に大きな影響を与えた昭和戦時期、日本海軍はどのような政治的特徴を持ち、日中戦争の拡大や対米戦の開始、終戦の決定にいかなる役割を果たしたのか。米内光政、高木惣吉ら海軍将校の行動を分析して、首脳部と中堅層の対立関係などを解明する。陸軍を抑止できなかった海軍組織の特質を探り、昭和戦時期の政治史研究の深化をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦時期の政治史研究における海軍
  • 第1部 戦時期の海軍の政治的特徴(海相就任前後の米内光政
  • 第一次日独伊三国同盟交渉における海軍
  • 調査課によるブレイントラストの設立とその影響
  • 対米開戦決定の政治過程における海軍)
  • 第2部 終戦の政治過程における海軍(東条英機内閣末期における海軍の倒閣運動
  • 小磯国昭内閣における海軍
  • 対ソ和平交渉決定過程における米内光政
  • ポツダム宣言受諾前後の米内光政)
  • 戦時期の政治過程における海軍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和戦時期の海軍と政治
著作者等 手嶋 泰伸
書名ヨミ ショウワ センジキ ノ カイグン ト セイジ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.10
ページ数 269,6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03825-6
NCID BB13570589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22309242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想