ロスマンの疫学

KENNETH J.ROTHMAN [著] ; 矢野栄二, 橋本英樹, 大脇和浩 監訳

疫学の教科書。初めに交絡を提示して、いろいろな問題について、それらを統合的に見通す一連の考え方があることを示した。第2版では、疫学と公衆衛生の歴史、感染症疫学の2章が新しく加えられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 疫学的思考の紹介
  • 疫学と公衆衛生の先駆者たち
  • 因果関係とは何か?
  • 疫病発生と因果的効果の測定
  • 疫学研究の種類
  • 感染症の疫学
  • バイアスへの対処法
  • 偶然誤差と統計の役割
  • 単純な疫学データの解析
  • 層化データによる交絡の制御
  • 交互作用の評価
  • 疫学分析における回帰モデルの利用
  • 臨床現場における疫学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロスマンの疫学
著作者等 Rothman, Kenneth J
大脇 和浩
橋本 英樹
矢野 栄二
書名ヨミ ロスマン ノ エキガク : カガクテキ シコウ エノ イザナイ
書名別名 Epidemiology An Introduction

科学的思考への誘い
出版元 篠原出版新社
刊行年月 2013.9
版表示 第2版
ページ数 367p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88412-372-7
NCID BB13564123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22408436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想