最重度の障害児たちが語りはじめるとき

中村尚樹 著

「かんなかあさんがすきめいわくばかり」生まれつき身体の自由がきかない緩名さんは、最重度の「重度重複障害」と診断され、歩くことや話すことはもちろん、まわりのことを理解することさえできないと両親にも思われていた。その彼女が九歳のとき、パソコンを利用する装置によって、生まれてはじめて自分の気持ちを言葉で表現した。「言葉を持たない」と思われていた重度の障害者たちが、じつは豊かな言葉を持っていた。いくつものケースを丹念に取材して、重度の障害者たちが置かれている状況を見つめつつ、言葉とは何か人間とは何かという根源的な問いを投げかける力作ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 紡ぎだされる言葉(封印されていた「わたし」
  • 息づいていた意識
  • 言葉が紡ぎだされるとき
  • 置き去りにされた言葉
  • 言葉が開く世界)
  • 第2部 開かれる扉(「奇跡の詩人」論争
  • 真贋論争の向こう側
  • 常識の壁
  • 人と人との間を生きる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最重度の障害児たちが語りはじめるとき
著作者等 中村 尚樹
書名ヨミ サイジュウド ノ ショウガイジタチ ガ カタリ ハジメル トキ
書名別名 Saijudo no shogaijitachi ga katari hajimeru toki
出版元 草思社
刊行年月 2013.9
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1999-2
NCID BB13560144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22306771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想