なぜ感染症が人類最大の敵なのか?

岡田晴恵 著

H5N1型強毒性ウイルス、H7N9型鳥インフルエンザ、MERSコロナウイルス。3つもの感染症が迫る未曽有の事態。世界的大流行、開戦前夜。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今、目の前にある危機H7N9とMERS
  • 第2章 聖書に描かれた感染症
  • 第3章 「黒死病」はくり返す?
  • 第4章 ルネッサンスが梅毒を生んだ
  • 第5章 公衆衛生の誕生
  • 第6章 産業革命と結核
  • 第7章 新型インフルエンザの脅威
  • 第8章 二一世紀の疾病

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ感染症が人類最大の敵なのか?
著作者等 岡田 晴恵
書名ヨミ ナゼ カンセンショウ ガ ジンルイ サイダイ ノ テキ ナノカ
シリーズ名 ベスト新書 415
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2013.8
ページ数 349p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12415-4
NCID BB13552612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22291200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想