学校では教えてくれない日本文学史

清水義範 著

「祇園精舎の鐘の声…」「つれづれなるままに…」など、授業で暗記させられた人も多い名作の数々。これら日本文学を一冊で語るなど不可能な話なのだが、本書はそれを大胆にやってしまおうというもの。『徒然草』はジジイの自慢話!?紀行文学は悪口文学、川端康成は変態作家?など、絶対に眠くならない、清水流エンターテイメント日本文学史の授業。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「古事記」はただものではない
  • 「源氏物語」のどこが奇跡か
  • 短歌のやりとりはメールである
  • エッセイは自慢話だ
  • 「平家物語」と「太平記」
  • 紀行文学は悪口文学
  • 西鶴と近松-大衆文学の誕生
  • 「浮世風呂」はケータイ小説?
  • 漱石の文章は英語力のたまもの
  • みんな自分にしか興味がない
  • 戦後文学史は百花繚乱
  • エンターテインメントも文学の華

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校では教えてくれない日本文学史
著作者等 清水 義範
書名ヨミ ガッコウ デワ オシエテ クレナイ ニホン ブンガクシ
シリーズ名 PHP文庫 し59-1
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.9
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-76077-3
NCID BB13550661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22300204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想