数式のない宇宙論 : ガリレオからヒッグスへと続く物語

三田誠広 著

宇宙とは何か、人間とは何か、そして、私とは何か-。人間は宇宙の存在について、どのように認識してきたのか。パスカル、ガリレオ、デカルト、ニュートン、アインシュタイン、ヒッグス…。宇宙の謎に挑み続けた知性の歴史を、文系の人間にもわかるよう、数式を使わずに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 新たな宇宙論への旅立ち
  • 第1章 星空の彼方に宇宙が広がっている
  • 第2章 真空の発見から新たな物語が始まる
  • 第3章 出発点は「水」-もう一つの宇宙論
  • 第4章 分割できないアトムを分割する
  • 第5章 宇宙の始まりと地球誕生の謎
  • エピローグ わたしたちは宇宙の影を見ている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数式のない宇宙論 : ガリレオからヒッグスへと続く物語
著作者等 三田 誠広
書名ヨミ スウシキ ノ ナイ ウチュウロン : ガリレオ カラ ヒッグス エト ツズク モノガタリ
シリーズ名 朝日新書 424
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.9
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273524-9
NCID BB13503898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22305749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想