お墓の社会学 : 社会が変わるとお墓も変わる

槇村久子 著

深刻な無縁化社会、少子高齢化社会へとすすむ日本。社会の変化にお墓はどのように対応、変化していくのだろうか。欧州、東アジアの事例も紹介し、日本のお墓の現状と課題、新しい方向性を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 お墓について知っておきたいこと(墓穴を掘らない墓選び-都会人のための墓のはなし
  • 日本人のお墓)
  • 第2部 変わるお墓(お墓と社会
  • 都市史としての墓-大阪市公営墓地の変遷と無縁化社会の進行
  • 世界の宗教にみる葬儀とお墓
  • 東アジア地域における近年の葬送墓制の変容-中国、台湾、韓国を事例として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お墓の社会学 : 社会が変わるとお墓も変わる
著作者等 槙村 久子
槇村 久子
書名ヨミ オハカ ノ シャカイガク : シャカイ ガ カワル ト オハカ モ カワル
書名別名 Ohaka no shakaigaku
出版元 晃洋書房
刊行年月 2013.9
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-2472-4
NCID BB13499418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22359417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想