哲学入門死ぬのは僕らだ! : 私はいかに死に向き合うべきか

門脇健 著

いかに生きて死すべきか。古今の哲学者たちが考え抜いてきたこの命題について、哲学者たちが残した言葉を手がかりに考えてみました。取り上げているのは、ソクラテス、プラトン、アウグスティヌス、パスカル、ニーチェ、ヘーゲル、カミュ、レヴィナスの8人。彼らが紡いできた言葉の単なる解説ではなく、現代に生きる私たちならその言葉をどう解釈するべきか、という視点で読み直しています。専門用語ばかりの難解な哲学書に何度も挫折してきたという人におすすめの入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「死を知っている者は誰もいない」-プラトン『ソクラテスの弁明』より
  • 第1章 「他者とは、殺したいという誘惑に駆られる唯一の存在者である」-エマニュエル・レヴィナス『困難な自由』より
  • 第2章 「私の幼年時代はとっくの昔に死んでしまったのに、私は生きている」-アウグスティヌス『告白』第一巻より
  • 第3章 「これが生だったのか。よし!もう一度!」-フリードリッヒ・ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』より
  • 第4章 「自殺は認識の不足である」-アルベール・カミュ『シーシュポスの神話』より
  • 第5章 「人間は、自分が死ぬことと宇宙の自分に対する優勢とを知っている。宇宙は何も知らない」-ブレーズ・パスカル『パンセ』より
  • 第6章 「死という否定に留まることは、否定を存在に変換する魔法の力である」-ヘーゲル『精神現象学・序論』より
  • 終章 「真正に哲学する者たちは死ぬことを練習している」-プラトン『パイドン』より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学入門死ぬのは僕らだ! : 私はいかに死に向き合うべきか
著作者等 門脇 健
書名ヨミ テツガク ニュウモン シヌ ノワ ボクラ ダ : ワタクシ ワ イカニ シ ニ ムキアウ ベキカ
シリーズ名 角川SSC新書 193
出版元 角川マガジンズ : KADOKAWA
刊行年月 2013.9
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-731617-1
NCID BB13489571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22305302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想