民主党政権失敗の検証 : 日本政治は何を活かすか

日本再建イニシアティブ 著

二〇〇九年九月に国民の期待を集めて誕生した民主党政権は、一二年一二月の総選挙での惨敗により幕を閉じた。実現しなかったマニフェスト、政治主導の迷走、再建できなかった財政、米軍基地をめぐる混乱、中国との関係悪化、子ども手当の挫折、党内対立、参院選敗北-。多岐にわたる挑戦と挫折は、日本政治にどんな教訓を残したのか。ジャーナリスト・船橋洋一を中心としたシンクタンクによる、民主党政権論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 民主党の歩みと三年三ヵ月の政権
  • 第1章 マニフェスト-なぜ実現できなかったのか(捻出できなかった財源
  • 小沢が実現困難なマニュフェストを作ったのか
  • マニュフェストが失敗した原因)
  • 第2章 政治主導-頓挫した「五策」(政務三役のリーダーシップ
  • 閣僚委員会の混乱
  • 国家戦略局の挫折
  • 幹部官僚人事と行政刷新会議
  • 「五策」はなぜ崩れたか)
  • 第3章 経済と財政-変革への挑戦と挫折(低迷した経済、悪化した財政
  • 予算改革
  • 成長戦略と増税)
  • 第4章 外交・安保-理念追求から現実路線へ(普天間基地問題
  • 漁船衝突事件
  • 尖閣「国有化」
  • 異なる二つの潮流)
  • 第5章 子ども手当-チルドレン・ファーストの蹉跌(「子ども手当」という社会構想
  • 「子ども手当」の迷走
  • 民意とすれ違った保育政策)
  • 第6章 政権・党運営-小沢一郎だけが原因か(幻の政府与党一元化
  • リーダーシップとフォロワーシップ)
  • 第7章 選挙戦略-大勝と惨敗を生んだジレンマ(二〇〇七年と二〇〇九年の勝因
  • 二〇一〇年の参院選と「ねじれ国会」
  • 二度の惨敗とこれから)
  • 終章 改革政党であれ、政権担当能力を磨け

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主党政権失敗の検証 : 日本政治は何を活かすか
著作者等 日本再建イニシアティブ
書名ヨミ ミンシュトウ セイケン シッパイ ノ ケンショウ : ニホン セイジ ワ ナニ オ イカスカ
書名別名 Minshuto seiken shippai no kensho
シリーズ名 中公新書 2233
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.9
ページ数 304p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102233-2
NCID BB13482652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22318248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マニフェスト 中北浩爾
外交・安保 神保謙
子ども手当 萩原久美子
改革政党であれ、政権担当能力を磨け 船橋洋一
政権・党運営 中野晃一
政治主導 塩崎彰久
民主党の歩みと三年三カ月の政権 中野晃一
経済と財政 田中秀明
選挙戦略 フィリップ・リプシー, 村井哲也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想