巨大災害のリスク・コミュニケーション : 災害情報の新しいかたち

矢守克也 著

「情報待ち」「行政・専門家依存」はなぜ起こるのか?長年の研究成果と最新の知見を元に、東日本大震災を経た今だからこそ求められる革新的な災害情報像を、大胆かつ体系的に提起。災害情報がもたらす逆説的な効果(「リスク・コミュニケーションのパラドックス」)について精細に概念化し、それを踏まえて、真に有効で実践的な災害情報の生産・発信・共有を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 災害情報の理論(災害情報のダブル・バインド
  • 参加を促す災害情報-マニュアル・マップ・正統的周辺参加
  • 「安全・安心」と災害情報-「天災は安心した頃にやって来る」)
  • 第2部 事例に見る災害情報(「津波てんでんこ」の4つの意味-重層的な災害情報
  • 「自然と社会」を分ける災害情報-神戸市都賀川災害
  • みんなで作る災害情報-「満点計画学習プログラム」)
  • 第3部 災害情報の多様性(「あのとき」を伝える災害情報-生活習慣・痕跡・モニュメント・博物館
  • 小説と災害-"選択"と"宿命"をめぐって
  • テレビの中の防災-「一代の英雄」/「地上の星」/「ストイックな交歓者」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大災害のリスク・コミュニケーション : 災害情報の新しいかたち
著作者等 矢守 克也
書名ヨミ キョダイ サイガイ ノ リスク コミュニケーション : サイガイ ジョウホウ ノ アタラシイ カタチ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2013.9
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06715-2
NCID BB13474574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22305010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想