土と生きる : 循環農場から

小泉英政 著

大切に送り出す産直野菜の一箱は、無農薬・無化学肥料、里森を循環する落ち葉堆肥の恵み。成田国際空港が飲み込んだ地に寄り添い、有機農業の豊かな世界を探求しつづける著者は、その一箱一箱に穏やかな不屈のメッセージを添え続ける。日日の仕事、大胆不敵な挑戦、小さな喜び、季節の味、ともにある人々、そして三・一一後の土への思い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 循環農場の風景(一箱の世界
  • ミミズが山からやって来た ほか)
  • 2 野菜たち(日照りを届ける
  • 水を求めて ほか)
  • 3 地続きの被災地(あさぎ色の畑
  • 気仙沼の日)
  • 4 国に拠らず(十九歳の頃
  • 非暴力と町鳶 ほか)
  • 5 一歩ずつ、一つずつ(セシウムと向きあう
  • 不検出の知らせ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土と生きる : 循環農場から
著作者等 小泉 英政
書名ヨミ ツチ ト イキル : ジュンカン ノウジョウ カラ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1443
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.9
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431443-1
NCID BB13474450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22312659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想