福島原発事故県民健康管理調査の闇

日野行介 著

未曽有の原発事故により放出された大量の放射能。住民の健康への影響を調べる福島県の調査の裏で、専門家、行政担当者たちは一体、何をしていたのか。秘密裏に会議を繰り返し、事前に調査結果に対する評価をすりあわせ、議事録までも改竄-。一人の記者が、"闇"に立ち向かい、調査報道でその実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 取材開始
  • 2 県民健康管理調査とは
  • 3 秘密会
  • 4 甲状腺がん、見つかる
  • 5 シナリオ
  • 6 何を決めていたのか
  • 7 改竄された議事録
  • 8 甲状腺検査
  • 9 批判
  • 10 原子力規制委員会
  • 11 直接インタビュー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島原発事故県民健康管理調査の闇
著作者等 日野 行介
書名ヨミ フクシマ ゲンパツ ジコ ケンミン ケンコウ カンリ チョウサ ノ ヤミ
書名別名 Fukushima genpatsu jiko kenmin kenko kanri chosa no yami
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1442
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.9
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431442-4
NCID BB13472717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22312657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想